訪問看護ステーション

ホーム > 訪問看護ステーション > 訪問看護ステーションとは

訪問看護ステーションとは

 高齢者が病気や障害で、寝たきりや寝たきりに近い状態になると、病気や身体のことで不安になってしまいます。家族は、「この介護方法で良いのだろうか?」と悩んでしまいますし、身体的にも精神的にも疲れてしまいます。また、適切な介護方法がわからないままに介護を続けていると、寝たきりになったり、床ずれができたりして、介護の負担が大きくなっていきます。

 そういうときに、かかりつけの医師から指示を受けた看護師が定期的に家庭訪問し、高齢者や家族の健康状態と介護状況に応じて看護サービスを提供します。心身機能の維持・回復を目指して、病状に合った看護処置やリハビリ、介護を行います。また、その家庭に一番合った介護方法や寝たきりの防止方法、サービスの利用方法などを一緒に考え、病気や介護についての不安をやわらげるように、アドバイスも行います。

 病状に応じた適切な介護方法がわかっていれば、高齢者も精神的に落ち着き、安心感が持てますし、より自立できるようになったりします。また、そのほうが家族の負担も楽になります。

ご利用頂ける方

《年齢の制限はありません》

  1. 家庭において寝たきり又は、寝たきりに準ずる状態で、先生に勧められた方。
  2. 難病・重度障害者・末期悪性腫瘍、その他障害で在宅療養の方で、先生より勧められた方。(どちらの先生でもご利用いただけます。)
  3. 退院退所後の在宅療養に不安のある方(退院指導もご家族と一緒に参加可能)

サービス内容

《講習を受けた経験豊富な看護師、言語療法士が訪問します》

家庭内での療養上のお世話や、必要な診療所の補助など

病状の観察(体温・脈拍・呼吸・血圧など)食事指導、排泄指導・介助、清拭・洗髪・散髪、床ずれの予防と処置介助指導、リハビリテーション、言語訓練、福祉サービス制度の利用相談など

※介護保険に対応できるケアマネージャーの資格のある看護師もそろっています。

重症者管理など

腹膜潅流・在宅酸素療法・自己導尿・人工呼吸・持続陽圧呼吸療法・悪性腫瘍・中心静脈栄養法・経管栄養・自己疼痛など指導管理中の方への看護気管カニューレ・ドレーンチューブ・留置カテーテル・人工肛門・人工膀胱を設置している方への看護。(退院指導にも同行いたします)

訪問日

月曜日から金曜日まで(祝・祭日・年末年始を除く)
午前9時から午後5時まで。訪問日数は週3日が限度(急性増悪等を除く)で、1回30分〜1時間程度です。

料金

  1. 介護保険適用の方は1割負担で、1時間830円/回、90分未満1,198円/回必要です。なお、24時間連絡体制がありますので、同意されると1ヶ月540円でご利用いただけます。
    ※詳しくは、ケアマネージャー及び訪問看護師へおたずねください。
  2. 介護保険適用外の方は、お手持ちの社会保険・国民健康保険等の適用となります。
    ※厚生大臣に定められた疾病の方、人工呼吸器を付けられた方等が該当となります。

【参考】1時間ご利用になられた場合(24時間連絡体制含む)

※1ヶ月換算 介護保険適用の方 健保・老人2割 健保・国保3割
訪問1日目 1,370円 3,520円  5,160円
訪問2日目以降   830円 1,890円  2,710円
月4日の場合 3,860円 9,190円 13,290円

※各種保険等により、利用者負担金額は異なりますので、お問い合わせください。
※医療費助成の対象になる場合もありますので、お問い合わせください。


このページトップへ